【投資信託】暴落は将来のリターンの素。自動積立はストップしない方が良い

【スポンサーリンク】

grid-786078_640

投資信託を保有しているとどうしてもギリシャの動きが気になります。

けど今回は総投資額を1,700万円から600万円にまで減らしているので例え大暴落しても精神的には耐えられると思います。というか、それを想定して減らしたわけですから。

【スポンサーリンク】

自動積立はチャンス

僕は専門家ではないのでこの先どうなるのか分かりませんが、例えもし大暴落しても毎月自動積立を実行している投資家さんは、これは(暴落は)チャンスなので積立をストップしたら勿体ないですよ。  

怖い暴落は逆にチャンス

リーマンショックの時に居ました。恐怖のあまり積立をストップした投資家さんが。  

しかし、積立は「暴落を経由するということはその期間は安く買える」ということであり、それは将来のリターンの素になります。  

当然その期間は含み損を抱えることになると思います。  

しかし、それを怖がって積立をストップしてしまうということは「せっかく安く買えるチャンスを放棄するということ」と同じで非常に勿体無いです。  

平常心で何も変更しないということが大事なのではないかと個人的にはそう思います。  

ドツボにはまる投資方法

暴落時に安値を追いかけて、つまりタイミングを読んでスポット買いするという方法は、これは運が良かったら上手く行くけど下手したらドツボにはまります。

僕がそうでした。  

値下がりを追いかけても、さらに下がり続けたらそれまでにスポット買いした意味が無くなります。それと資金がいくら有っても足りません。  

そしてこれはタイミングを読みながらの手動積立も同じことが言えます。

ですので積立はできたら感情の無い機械に任せた方が良いのではないかと思います。

我が家の投資信託は最初は毎月分配型の自動積立からスタートしたのですが、無知で欲張りだった僕は最初の分配金を見...

  ※全て僕の経験上の話であってこれが正しいと言う意味ではありません。投資はあくまでも自己責任です。  

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】