ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン『愛称:杏の実』を解約しない理由は?やはり毎月分配型投資信託は若年層には不向き。

【スポンサーリンク】

150705

2016/10/4:追記しました

我が家は毎月分配型投資信託の『杏の実』を保有しています。投資額は250万円です。で、この杏の実は2007年からずっと保有し続けていて2013年には90万円利益確定しました。

保有しているのは残念ながら僕ではありません。これは嫁名義です。けど嫁は興味が無いので何も知りません。僕が勝手にやってます。

関連記事我が家の投資信託の「杏の実」が含み損な理由。投資信託の購入手数料と信託財産留保金は大きな損

【スポンサーリンク】

毎月分配型の「杏の実」を解約しない理由

毎月分配型投信信託は悪だと言われていますが、この「杏の実」もそうでしょうか?悪でしょうか?

杏の実は悪い投資信託ではない

前回の杏の実・三井住友豪ドル債ファンド/毎月分配型投資信託は本当にダメなのか?検証してみた。結果は?にも書いたように、僕はこの杏の実は毎月分配型ですが悪い投資信託だとは思っていません。

実際90万円利益確定できました。

リーマンショック前の2007年からの保有で90万円の利確ができてるのにこれを悪だと言ったら罰が当たります。

ですので僕は毎月分配型だからという理由で杏の実を解約しようとは思いません。

関連記事毎月分配型の『杏の実』は解約した方がいいのか!?/解約する理由が見あたらない

超長期投資ではない

例えば僕が20代30代だったら乗り換えを考えるかもしれません。

超長期で考えるとやはりコストが高いし普通分配時の税金分が運用から外れるので効率が悪い。ですので他の無分配型に乗り換えると思います。

分配金のカラクリを知った以上そのまま放置は多分しないと思います。

関連記事投資信託の普通分配と特別分配の違いに大きな意味は無い。共通点はどちらも一部解約金

毎月分配型だからという理由では解約しない

でも残念ながら僕も嫁もその年代ではないし、今からだと超長期投資にはならないのでこのまま保有し続けます。

そして何年か後には分配金の再投資を受け取りに変更し生活費に充てる予定でいます。ですので毎月分配型だからという理由では杏の実は手放しません。

まとめ:毎月分配型は運用効率が悪い

とは言っても分配型は運用効率が悪いです。若年層には不向きな投資信託です。これは間違いありません。

逆に運用期間が10年15年程度だったら別に無理して毎月分配型を選択肢から外さなくても良いのではないかと思います。※分配金は再投資が前提

関連記事杏の実/分配金は再投資しないと意味がない!分配金の受け取りはただの取り崩し

関連記事毎月分配型の「杏の実」に確実に勝てる投資信託はどれ?

追記:2016/10/4

相談系サイトでは解約をすすめる回答が多いですが、僕は毎月分配型であっても後ろ向きな解約は損が膨らむだけなので解約は勧めません。

ただしテーマ型とか流行のファンドではないことが前提です。

関連記事投資信託で、大損する人と、しない人/準備があれば暴落なんて怖くない

関連記事テーマ型ファンドは長期投資には向かない/テーマ型ファンドとインデックスファンドを比較検証

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】