杏の実/分配金は再投資しないと意味がない!分配金の受け取りはただの取り崩し

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

bank-note-209104_640

毎月分配型投資信託「杏の実」「三井住友豪ドル債ファンド」について誤解があったらいけないので確認の意味で書きます。  

僕は分配金は解約金だと思っています。ですので毎月分配型投資信託は毎月自動解約型投資信託だと理解した上で「杏の実」「三井住友豪ドル債ファンド」を保有しています。  

ではなぜ自動解約型を保有しているのか?  

【スポンサーリンク】

解約金生活

「杏の実」と「三井住友豪ドル債ファンド」はあと何年かしたら分配金(解約金)を再投資から受け取りに変更する予定です。受け取りにしてそれを生活費に充てる予定です。

つまり取り崩しですね。ですので大袈裟に言うと解約金生活になります。決して分配金生活ではありません。というか分配金生活なんてものはありません。  

といっても金額的には大したことないので生活費のほんの一部にしかなりません。  

毎月自動積立の逆

毎月解約型は毎月自動積立の逆版だと考えるとこんな便利なシステムはありません。毎月ドキドキしながら解約しなくて済むので楽です。  

分配日の翌日に口座に入金

分配金を受け取りに変更した場合、三井住友銀行とりそな銀行は分配日の翌日に口座に入金されます。

これが普通の解約だとそうは行きません。現金になるまで解約の約定から5日前後はかかります。  

毎月自動解約型投資信託はダメじゃない

以前、毎月分配型投資信託はダメではない!と書きました。これは毎月自動解約型投資信託はダメじゃないという意味です。

7/2の記事に使った表ですが、あれはモーニングスターのポートフォリオ機能を使いました。多分ユーザー登録したら誰でも使...

  何度も書きますが分配金は解約金です。ですので分配金の金額に釣られて分配型投信を購入するというのは大間違いです。  

それと分配金は再投資しないとお話になりません。「受け取り」にしていたらそれはただの「取り崩し」です。

関連記事投資信託の分配金は「再投資」と「受け取り」では、どっちが得?

分配金に騙されない

毎月分配型投資信託に人気が集中するのは、それは人気ではなくて分配金に騙された(釣られれた)投資家が多いということだと思います。根拠はありませんが多分そうだと思います。

人気と分配金に騙されてはいけません。←重要  

何度も書きますが毎月分配型投資信託は毎月自動解約型投資信託です。

毎月自動解約型投資信託はダメではありませんが若年層には超不向きです。新興国株などハイリスクな分配型投資信託は年配者にも向きません。くれぐれもご注意を。  

要は分配型にしたら売りやすいから、資金が集まりやすいから、(騙しやすいから)なんでもかんでも分配型にしてしまえという業界の邪な発想だと思います。  

追記:参考 改めて今、分配金についてお伝えしたいこと  

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】