住宅ローンは繰上げ返済で完済したので借金は無いけど、いつも賃貸派目線な僕の個人的な意見

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

house-773527_1280

僕は現在マイホームに住んでいますが賃貸派です。

住宅ローンは完済したので借金はありません。正真正銘のマイホームです。しかしそれでも僕は賃貸派です。

今回は持ち家派と賃貸派について前々から思っていたことがあったので、それを書かせてもらいます。

【スポンサーリンク】

持ち家派と賃貸派は視点が違う。

ここに書くことは全て賃貸派目線の僕の一方的な個人的な意見です。

持ち家派vs賃貸派

持ち家派の人は文字通り住む「家」をイメージ(妄想)しての判断だと思いますが、賃貸派の人は家」より「借金」をするかしないかの判断ではないでしょうか? 

つまり、借金というリスクを背負い込んでまで家が欲しいかどうかという判断。

もっというと、住宅ローンは借金であり借金はリスクだと考えると、リスクに縛られてまでマイホームが欲しいとは思わない。そういうことではないでしょうか?

ですので両者は視点と判断基準が全く違います。

ちなみに賃貸の家賃は借金ではありません。ですので家賃を滞納しても自己破産に追い込まれることはありません

ただし、滞納すると追い出されることはありますが。

持ち家派の人は「それでもマイホームに満足している」と言えるのか?

もし持ち家派の人が夢のマイホームを購入した数年後に収入が激減したらどうなるのか?あるいは会社を辞めたいと思った時どうなのか?辞められるのか?

当然マイホームを購入する時は引越しなんか絶対しない、会社は辞めない等々心に誓ったものは沢山あると思います。

しかし経済状況と心の中は本人の意志とは関係なく変化します。

例えば隣りに変な人間が引っ越してきた。もっと田舎に引っ越したい。会社がヤバイ。リストラにあった…等々。それでもマイホームに満足していると言えるのか?

普通はこんなことは滅多にないと思うのでほとんどの人は多分「マイホーム購入に満足している」と答えると思います。

でも100%ではないと思います。中には後悔していると答える人も何パーセントかは居ると思います。僕はその中の一人ですが。

そして後悔するには必ず理由があるはずです。その理由は何なのか?

多分住宅ローン絡みが一番多いのではないかと。ちなみに僕の場合は維持費と近い将来の修繕費です。

まとめ:マイホーム購入は借金というリスクに縛られるということ

僕はマイホームに住んでいるけど買ったことを後悔しているのでいつも賃貸派目線です。

というか元々賃貸派だった人間が気がついたら家を買ってしまい、そしてそれを後悔しているので本当はお話にもならないのですが、とりあえず「家購入」「後悔」の両方を経験したという立場で言うと、

どでかい借金してのマイホーム購入には間違いなくリスクが伴います。そしてそれに縛られることになります。

当り前ですが妄想と現実は違うし妄想では住宅ローンは1銭も返済できません。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】