お金が確実に貯まる方法。僕はこのお金で独立し、マイホームも買いました。

【スポンサーリンク】

money-932401_1280

2015/10/5の記事に追記

前回、貯金は強引にしないといつまで経ってもお金は貯まらないと書きましたが、今回はそれの続編ということで、当時を思い出しながら書いてみます。

毎月の収入が普通にあっても「貯金ができない」「お金が貯まらない」と言う人は、今の収入が2倍に増えても貯金はで...
【スポンサーリンク】

年収が少ない頃の生活レベルで家計をやりくりする

前回の記事に「例えば手取りが20万円あったら5万円積立して15万円で生活する」と書きました。

家計を削りすぎると貯金が続かなくなる

しかし、この15万円が出費を削りに削ったカツカツ以下の張り切り過ぎた15万円だったとすると、これでは長続きしません。途中で必ず挫折します。

挫折したらそれまで貯めた貯金もアッという間に無くなってしまいます。そして「何のために貯金すんねん?」と自問自答するようになり、貯金することが馬鹿らしくなってきます。

一度振り出しに戻ってしまうと再スタートするまでに相当時間がかかります。これが「貯金ができない」「お金が貯まらない」と言う人の特徴ではないかと思います。過去僕がそうでした。

収入が増えてもボーナスが出ても無かったことにする

要は最初に頑張りすぎないこと。けど甘すぎても貯まりません。そして継続できること。その生活に慣れてしまうこと。この微妙なさじ加減が重要だと思います。

そして収入が増えてもボーナスが出ても副収入が入っても無かったことにして、全額貯金に回せばお金は勝手に貯まります。ここだけは強引に!!

年収が少ない頃の生活レベルでやり繰りする癖をつければうまく行くと思います。

お金はお金のあるところに集まる

自慢話になってしまいますが、我が家は上記の方法でそこそこの額の貯金ができました。年収が増えても生活レベルは上げませんでした。

そもそもこの貯金は何のための貯金だったのかというと、独立資金でもないしマイホーム購入用資金でもありませんでした。ただ「お金が無いと不安だから」。それだけです。

僕は昔から貯金は保険だと考えています。世の中はお金ですからね。お金が無かったら悲惨です(これも経験上の話)

貯金があったおかげで独立できた

貯金があったおかげで独立を決心してから1年と数か月で独立できました。

1年と数か月というのは会社経営の勉強と根回しにかかった期間で、独立資金を貯めた期間ではありません。というかこんな短期間では貯められません。

そして独立したタイミングがナイスタイミングでいきなり絶好調。収入が増えても生活レベルを上げなかったので、独立資金で減っていた家の貯金残高は元に戻り、さらにそれ以上に増えました。

このとき僕は

お金はお金のあるところに集まる

ということを実感しました。

マイホームも貯金がないと買えない

独立した翌年にマイホームを購入しましたが、これも頭金に充てる貯金があったから買えたのです。けど今はマイホーム購入を後悔しているのですが。

ということは、貯金が無かったら家は買ってなかったということになるので、微妙な感じもしますが、どちらにしても貯金はあった方が絶対いいです。

まとめ

貯金ができるかできないかはその人の意志の問題だと思います。でも最初に頑張りすぎると意志はあっても継続が難しくなります。

お金は一気には貯まりません。継続することが重要です。

あとこれは余談ですが、僕は貯金の大きな壁だった300万円を突破した辺りから、貯金残高を気にしなくなりました。そしたら、気がついたら相当な額が貯まっていました。

壁を突破し、残高を見てニヤニヤするのに飽きたら、いつの間にかビックリするほど貯まっていた。そんな感じです。

追記(2016/5/27)

目的が有ろうが無かろうが貯金はした方がいいです。いざという時は結局はお金です。

確実に貯めたいのであれば生活レベルを下げるか副業で稼ぐかして、そのお金を貯金に回さないと貯まりません。しかし、いっぱいいっぱいな暮らしでは継続できません。

厳しすぎると続かないし甘すぎると貯まらないので、年収が少ない頃の生活レベルを思い出して家計を見直してみて下さい。

結果的に生活レベルを下げることになるかもしれませんが、それ位しないとお金は貯まりません。慣れればストレスは感じなくなると思います。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】