お金を貯めるのは空しい?/貯金はリスクに備えるもので保険と同じ

【スポンサーリンク】
【スポンサードリンク】

piggy-bank-1047216_960_720

あるサイトに「目的も無いのにお金を貯めるのはむなしい」的なことが書いてありました。世の中には「お金は使うものだ」という考え方もあれば「貯めるものだ」という考え方もあります。

僕はお金はリスクに備えるものだと思っているので、目的が無くても貯金はするべきだと考えています。

【スポンサーリンク】

人生にはいろんな事が起こる=リスク

家庭があって貯金が無かったら転職しづらいと思うし、生きていたら自分も含め身内に何が起こるかわかりません。この『何が起こるかわからない』がリスクなのです。

ですので普通は保険に加入しますが、何でもかんでも保険はカバーしてくれません。

お金が無かったら身内を見殺しに

2015/10/19の記事に追記 2007年に70代で亡くなった義父は、うちの近所にあるUR賃貸で1人...
僕と嫁には両親がいません。ですので親の介護の心配はありません。僕のお袋は2006年に亡くなり、義父はその翌年...

お金が無かったら老後貧乏、下流老人

少し古いですが、ヤフー知恵袋で70才の方の相談というか質問を見つけました。日付は2010年2月18日になって...
ブログの検索ワードをネタに記事を書くシリーズ。今回のキーワードは「持ち家あっても下流老人なるか?」です。 ...

お金貯めるのって空しくないですか?

知恵袋に『お金貯めるのって空しくないですか?』という質問がありました。

お金貯めてもどうせおじいさんになったら死ぬんだろうなぁとか考えると虚しい気持ちになります。お金貯めるのって空しくないですか?

自分1人だったら自由に使えばいいと思うし、足りなくなったら借金をすればいいと思います。2007年に亡くなった義父はそうしてました。

でも周りに迷惑をかけていたというのも事実です。

まとめ

お金は目的が無くても貯めておいた方が絶対良いです。お金が無かったら周りに迷惑をかけることになるし惨めになります。

僕は目的のない貯金をむなしいとは全然思いません。

関連記事貯金の目的が決まっていて、いつか消えて無くなるお金は貯金ではない。目的のない貯金こそがリスクに備えた余裕資金になる

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】