節約のために中古住宅を購入すると失敗する/賃貸のメリットは自由に引っ越せること

【スポンサーリンク】

piggy-bank-1047216_960_720

気になる記事を見つけました。『どこから節約すべきなのか 効果が大きい費目ランキング』という記事タイトルになっています。

読んでみると、1位は住居費だそうです。

いきなり難易度が高いもので恐縮ですが、やはり一番大きな効果が期待できます。

地方移住までしなくても、少し郊外に引越ししたり、割高な賃貸をやめて中古住宅を買ったりと、方法はいくらでもあります。

住宅ローンを返済中の方は、乗り換えを検討するのもアリですし、繰り上げ返済するのも良いでしょう。

出典:マネーの達人

【スポンサーリンク】

 割高な家賃をやめて中古住宅を買う?

住宅ローンの借り換えは、効果があれば借り換えた方がいいと思います。

住居費を節約するためにわざわざ郊外に引越す?

住居費を節約するためにわざわざ郊外に引越すというのはどうなんでしょうか。

交通費が余分にかかったりするし、もしマイカーが無かったら車と駐車場代と、税金も保険もガソリン代も余分にかかってきます。

節約するために中古住宅を買う?

節約するために割高な家賃をやめて中古住宅を買うというのは意味がよくわかりません。

持ち家はマンションの場合、管理費と修繕積立金、固定資産税などが余分にかかるし、一戸建ても固定資産税と修繕費、水道光熱費の割高な部分が余分にかかってきます。

あと、借金して家を買う場合は住宅ローンを組むのに諸々の手数料がかかるので節約どころか大きな出費になります。

我が家は中古で買った一戸建てに住んでいるのですが、維持費は結構重たいです。

関連記事住宅ローンを完済し「マイホーム」になっても出費は続く。資産価値が下落した持ち家の維持費の内訳

賃貸のメリットは自由に引っ越せること

個人的には、割高な家賃をやめて割安な賃貸に引越した方が、中古住宅を買うより遥かに節約になると思うのですが。

賃貸はそれができます。引っ越しは自由です。

あと、節約するためにめちゃくちゃ安いボロボロの中古住宅を買ってしまうと、結果的に安物買いの銭失いになってしまう可能性が大ですよ。

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】