光熱費を節約するために省エネ家電に買い替えるのは本末転倒。使える物は使い続けた方が節約になるという話

【スポンサーリンク】

refrigerator-1619676_960_720

先日嫁が、嫁の知り合いのお宅が「省エネタイプの冷蔵庫に買い替えたら電気代が2万円節約できたらしい」と言うので、「その2万円て一月か?年間か?」と聞いたら「そこまで聞いてない…」と。

「それってホンマに節約になってんの?」

今回はそんなお話です。

【スポンサーリンク】

光熱費を節約するために省エネ家電に買い替えれば本当に節約になるのか?

節約できたという「2万円」がどんな2万円なのかわからないのに金額だけに飛び付いちゃダメですよね。

電気代を1ヶ月に2万円節約?

その宅が商売をやっているお宅だったら分母が大きいので月に2万円の節約はあるかもしれません。

しかし普通の一般の家庭で、冷蔵庫の買い替えだけで月に2万円の節電って考えられません。

一般の家庭で月に2万円も節電できたら電気代の支払いが無くなるどころか電力会社から返金してもらわないといけないレベルです。

電気代を1年間で2万円節約?

年間に2万円の節約だったとしたら、月に直すと平均1670円の節約ですので有り得る話です。

ですが、旧冷蔵庫と買い替えた冷蔵庫の大きさがわからないので、これも何とも言えません。

なぜ電気代が2万円の節約になったと言えるのか?

電気代には色が付いていないのになぜ冷蔵庫の買い替えだけで2万円の節電になったとわかったのかが不思議です。

毎月の電気料金は1670円程度だったら冷蔵庫を買い替えなくても普通に生活していたら普通に変動する金額です。

前年同期を比較しても気温差があるのでこの程度の額だったら普通に差が出ます。

「省エネ」に惑わされてはいけない

この前、家の洗濯機が壊れたので5万数千円の普通の洗濯機に買い替えたのですが、それを配達設置してくれたお兄さんが、「最近の家電はコンピューターが内臓されているので寿命が短いです」と教えてくれました。

洗濯機の寿命は7年

買い替えた洗濯機も寿命は7年ぐらいだと言っていました。たった7年ですよ、7年。

実はこの洗濯機は近所の家電量販店に嫁と一緒に行って選んだ洗濯機なのですが、本当は嫁はコレじゃなくて節電節水をアピールした、僕にはよくわからん機能がアレコレついた10万円を少し超える洗濯機が欲しかった様子でした。

でも今思えば10万円を少し超えるコイツも寿命はたったの7年ですよ、7年。

節電節水型を買えば節約になるのか?

節電節水をアピールした10万円と少しの洗濯機を買うのと、普通の5万円ちょいの洗濯機を買うのと、どちらが節約になるのか?

洗濯機の節電節水がどれだけ節約になるのか?

これは検証のしようがないのでわかりません。しかも、どちらも寿命が7年だったとしたら、僕は安い方を買った方が絶対節約になると思うのですが。

安物買いの銭失い

洗濯機売り場には、他に中国製の無名メーカーの3万円を少し超す洗濯機もありましたがすぐに故障しそうな気がしたのでやめました。安物買いの銭失いにはなりたくないので。

ちなみに今回買った洗濯機は国内の某有名家電メーカーの洗濯機です。

まだ使えるのに買い替えるのは勿体無い

我が家の冷蔵庫は大昔に買った冷蔵庫なので省エネではありません。ですが、この省エネではない古い冷蔵庫が我が家の電気を大量に喰ってるという感じは全然しません。

本当は嫁は新しい冷蔵庫が欲しいのです。だから僕に知り合いのお宅の冷蔵庫の話をしたのだと思うのです。

でもまだ使えるのに買い替えるのは勿体無いでしょ?

まとめ

以前、関西ローカルの情報番組で経済の専門家先生が、節約したいのなら省エネ家電に買い替えるのが効果的だと言っていました。そうすれば日本経済も良くなると。

この先生、省エネを信用し過ぎじゃないの?と思いました。

当り前な話ですが、使える物は買い替えずに使い続けた方が絶対節約になります。

余談:省エネ効果は実感できない?

数年前の冬に、昔買った省エネタイプではないガスファンヒーターが壊れたので省エネタイプのガスファンヒーターに買い替えたのですが、まだ一度も省エネ効果を実感したことがありません。

「省エネタイプ」を買ったのに冬場のガス料金に全く変化無しです。

関連記事ガス代が高くつくガスファンヒーターを使い続ける理由/リビングにソファーがあると狭くなるので必要ない

※ブログランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
【関連する記事と広告】